夫婦のストレス

夫のせいで寂しい思いをした時の乗り越え方!孤独に負けないポジティブ思考

寂しい妻
妻
もう全部イヤ…!

せっかく結婚をしたのに、寂しさを感じてしまうことってありますよね。

どんどん夫の気持ちが離れていき、「理想の夫婦」が遠のいていくように感じてしまうこともあるでしょう。

実は、気持ちをポジティブに言い換えれば、そんな寂しい今を変えていくことができます!

寂しさと上手に付き合える人の多くは、寂しくならない未来を見て行動しています。つまり、大事なことは考え方なんです!

この記事では、「寂しい」気持ちのポジティブな考え方を解説していきます!

この記事を読めば、あなたも寂しい気持ちを乗り越え、幸せな夫婦生活を過ごせるようになるでしょう。

手遅れになる前に、寂しさを愛情表現に変え、夫婦の関係を改善していきましょう!

夫との関係で寂しいと感じるのはどんなとき?

寂しい妻

夫があまり話を聞いてくれなかったり、日々の忙しさの仲でスレ違い生活を過ごしていたりといったとき、寂しいと感じる方も多いでしょう。

まずはあなたが、どのような状況で寂しいと感じているのかを振り返ってみましょう。

話を聞いてくれない

「夫が話を聞いてくれない」と感じている場合、夫婦のあり方に疑問が生まれ、傷ついてしまうものです。

話を聞いてくれない状況は、大きく二つのケースに分かれます。

  • 愚痴など、自分の話を聞いてくれない
  • 家庭の事を任せっきりにされ、話し合いができない

夫が自分の話に興味を持ってくれないときも寂しいものですが、家庭の大事なことを丸投げされてしまうのも、とても孤独で不安な気持ちになるでしょう。

忙しくて夫婦の時間がない

共働きの夫婦や、夫が残業や出張ばかりで顔を合わせる時間がとれない夫婦の場合、夫婦の時間が作れずに寂しくなってしまいますよね。

そんなとき、強引に夫婦の時間を増やすというのも難しいでしょう。

仕方のないことだとわかっていても、辛くなってしまうものです。

二人になると会話がない

困っている妻

新婚のころなら何を話していても楽しかったのに、だんだんおもしろみがなくなり、気づけば余計な話をしなくなって寂しいと感じている方も多いでしょう。

夫婦でいる時間が長ければ長いほど、だんだん夫婦の話題は決まってしまいます

家のことや子どものこと、近所のニュースか、思い出話くらいのものです。

一緒に話せる話題がなければ、状況を変えるのは難しいでしょう。

休日にひとりで出かけてしまう

夫婦にとっては、それぞれがひとりの時間を持つことはとても大切です。

しかし、それは理解をしていても、多趣味な夫や友達付き合いの多い夫だと、休日はほとんど出かけてしまって寂しい思いをすることがあります。

家庭にとってそれが必要なことだとは分かっていても、たまの休みくらいリフレッシュに使いたいという気持ちも分からなくはありませんよね。

愛情表現がない・セックスレス

新婚のころはあんなにラブラブだったのに、気づけば夫から求められていることが減っているように感じてしまうと、どうしても寂しさを感じてしまいますよね。

もちろん、いつまでも付き合ったばかりのように、全力でラブラブでいることができないことは分かっていたとしても、夫の態度が極端に変わってしまったりすれば、愛情にも変化が無いか不安になってしまうものです。

夫は寂しくないの?

あなたが寂しく思っている一方で、夫はどう思っているのでしょうか。

残念なことに、多くの夫は寂しさを感じておらず、あなたに寂しい思いをさせていることにも気づいていないでしょう。

しかし、そんな夫を責めることはやめましょう

大事なことは、ポジティブな将来を見据え、少しずつ変えていくことです!

あなたの「寂しい」はどっち?

同じ「寂しい」でも、ポジティブに捉えられているケースと、ネガティブにとらえて追い詰められてしまうケースがあります。

ここでは、「寂しい」というひと言の考え方を解説します。

ポジティブな「寂しい」

ポジティブな「寂しい」とは、どうすれば寂しくなくなるかを考え、行動することです。

例えば、「ひとりで買い物をする」ことが「寂しい」とします。

このとき、

妻
次は友達と!

と、考えられたり、

妻
ひとりだから、ゆっくり見よう!

と、考えられたりできる方は、ポジティブな「寂しい」が実現できています!

ネガティブな「寂しい」

一方、ネガティブな「寂しい」とは、今の状態しか考えられず、行動できないことです。

同じように、「ひとりで買い物をする」ことが「寂しい」とします。

このとき、

妻
あぁ…つまらないな…
妻
もうイヤ…買い物なんて嫌い…

と、なってしまう場合、ネガティブな「寂しい」の泥沼にはまっているといえます。

ポジティブな「寂しい」とネガティブな「寂しい」は裏表の関係です。

まずはポジティブな「寂しい」を身につけましょう!

「寂しい」をポジティブに言い換えて気持ちを楽に!

「寂しい」という言葉は、多くの場合ポジティブに言い換えることができます

ポジティブに言い換えることで、自分がどうしたらいいのかを探してみましょう!

では、具体的なやり方を5つの例で説明していきます。

頑張る妻

夫が話を聞いてくれなくて寂しい

「夫が話を聞いてくれない」というとき、多くは以下の二つのケースに分かれます。

  • 愚痴など、自分(妻)の話を聞いてくれない
  • 家族の事を任せっきりにされ、話し合ってくれない

では、それぞれのケース毎に説明していきましょう。

愚痴など、自分(妻)の話を聞いてくれない

男性は女性の話を聞くのが苦手ですよね。

先ほども出てきましたが、男性は解決を求めて話をします

共感を求められて話をするのが苦手なので、女性の話を聞くのが苦手なんです。

夫
何ではっきりもさせない、オチもない話を延々と聞かされなけりゃいけないんだ…。

愚痴に対して、男性はそう思っています。

では、男性への理解が深まったところで寂しさをポジティブに言い換えてみましょう。

「愚痴を聞いてくれなくて寂しい」なら→「聞きやすい愚痴をいえばいい!!

もう次の行動は決まりましたね。

家族の事を任せっきりにされ、話し合ってくれない

家に関することをなし崩し的に全て妻が負担するようになり、相談にも乗ってもらえない状況は、孤独で辛いですよね。

押しつけられた役割自体の負荷もきついですが、それ以上に一緒に達成感を味わえないことの寂しさが勝っていることもあると思います。

では、そんな状況も寂しさをポジティブに言い換えてみましょう。

「一人で全部任されるのが寂しい」なら→「夫婦二人でやればいい!!

そして、

「夫がやってくれなくて寂しい」なら→「夫のやる気を引き出せばいい!!

今回は2回言い換えましたが、もう次の行動は決まりましたね。

スレ違い生活で寂しい

共働きのご夫婦であったり、夫が残業や出張ばかりでなかなか顔を合わせる時間がとれなくて寂しいこともありますよね。

そんなとき、強引に夫婦の時間を増やすということはなかなかできません。

では、そんな寂しさもポジティブに言い換えてみましょう。

目標達成する妻

「夫婦の時間が作れなくて寂しい」なら→「少ない夫婦の時間をもっと楽しくすればいい!!

もしくは、

「夫婦の時間が作れなくて寂しい」なら→「夫婦の時間を取りこぼさないようにすればいい!!

もう次の行動は決まりました。

夫婦で話すことがなくて寂しい

決まりきった夫婦の会話。

必要なこと以外に話すことがなく、気づけば二人でいる空間を避けてしまうことも…。

では、そんな寂しさからまたポジティブに言い換えてみましょう。

「夫婦の話題がなくて寂しい」なら→「夫婦の話題を作ればいい!!

では、さっそく行動に移りましょう。

休日に別々に過ごすことが多くて寂しい

夫婦にとっては、それぞれが一人の時間を持つことはとても大切です。

それは理解をしていても、多趣味な夫や友達付き合いの多い夫だと、休日はほとんど出かけてしまって寂しい思いをすることってありますよね。

しかし、本当に夫は忙しいだけなんでしょうか。

夫
せっかくの休みなのに、運転させられ、買い物に付き合わされ、重い荷物ばかり持たされて…俺、利用されてるだけじゃ?

といったように、家族との休日にネガティブなイメージを持ってしまっている場合、休日になると逃げるように出かける用事を作ってしまう夫も多いんです。

たまの休みくらいリフレッシュに使いたいという気持ちも、分からなくはありませんよね。

さらに、こういった夫は、

夫
それ、俺じゃなくていいでしょ?

と、スネてしまっていることも多く、それが態度に出ているせいで、妻としては余計に寂しくなってしまうものです。

では、そんな寂しさもポジティブに言い換えてみましょう。

「夫が休日もいなくて寂しい」なら→「寂しいことを気づかせればいい!!

もう次の行動は決まりましたね。

夫が甘えてこなくなって寂しい

新婚のころはあんなにラブラブだったのに、気づけば夫から求められていることが減っているように感じてしまうと、どうしても寂しさを感じてしまいますよね。

もちろん、いつまでも付き合ったばかりのように、全力でラブラブでいることができないことは分かっていたとしても、夫の態度が極端に変わってしまったりすれば、愛情にも変化が無いか不安になってしまうものです。

では、そんな寂しさなんてポジティブに言い換えてしまいましょう。

「夫から愛を感じなくて寂しい」なら→「愛情の確認方法を変えればいい!!

次の行動が見えてきましたね!

寂しい夫婦関係の解決方法!

ポジティブな言い換えができたら、あとは行動あるのみです!

適切な行動に移り、夫婦関係を改善していきましょう!

男性向けの話し方を実践する

話を聞いてくれない夫の場合は、「寂しい」を以下のようにポジティブに変えることができました。

  • 聞きやすい愚痴をいう
  • 夫のやる気を引き出し、ふたりで決められる家庭へ

では、実際にはどのように行動すればよいのか、それぞれ見ていきましょう。

聞きやすい愚痴をいう

「愚痴を聞いてくれなくて寂しい」→「聞きやすい愚痴をいえばいい!!

と切り替えると、次の行動が決まります。

男性に愚痴を聞いてもらいやすくするには、「状況への配慮」「前置き」が重要になります。

夫が何もしていないときを見計って…

妻
愚痴なんだけど、ただ聞いてくれるだけでいいからお願いできない?

と声をかけてみましょう。

愚痴を聞くことへの心構えができれば、夫もきっと話を聞いてくれるようになります。

▶︎夫婦の話し合いのコツを知りたい方はこちら

夫のやる気を引き出し、ふたりで決められる家庭へ

「一人で全部任されるのが寂しい」→「夫婦ふたりでやればいい!!

「夫がやってくれなくて寂しい」→「夫のやる気を引き出せばいい!!

では、さっそく行動に移りましょう!

夫のやる気を引き出すためには、夫の承認欲求を満たす必要があります。

夫の承認欲求を満たすために必要な言葉は、たった2つです。

  • 「ありがとう!」
  • 「さすが(夫)だね!」

この2つの言葉を多用することで夫の承認欲求が満たされ、

夫
もっと褒められたい!

という気持ちを生みます。

夫は、褒めて伸ばしましょう(笑)。

▶︎夫婦関係で辛いときの対処法はこちら

手紙や交換日記をはじめる

「夫婦の時間が作れなくて寂しい」→「新しく夫婦の時間を作ればいい!!

「夫婦の時間が作れなくて寂しい」→「夫婦の時間を取りこぼさないようにすればいい!!

こんなときは、手紙交換日記をはじめてみるのがおすすめです。

LINEやメールなど、現代には連絡ツールがたくさんありますが、気持ちのやりとりには手書きの手紙などが効果的です。

はじめは簡単な内容でかまいません。

おかえり!先に寝てるね。
お疲れさま!

妻より

と、メモ帳に書き置きするくらいの感じでもよいです。

最終的には、お互いに面倒ではないくらいのボリューム感で、メッセージのやりとりができるようになるのを目指しましょう!

そのほかにも、たまに一緒に夕食をとれる時間などがあれば、そのときはパーティーのようなメニューにし、思い切り楽しむのもよいでしょう。

▶︎倦怠期を乗り越える方法はこちら

共通の趣味を持ってみる

「夫婦の話題がなくて寂しい」→「夫婦の話題を作ればいい!!

では、さっそく行動に移りましょう。

夫婦の話題を増やすなら、夫婦で共通の趣味を作るのがオススメです。

新しく趣味についての話題が増えますし、思い出話をどんどん増やしていくことができます。

簡単にはじめられる趣味の一つに、映画鑑賞があります。

最近は動画の定額サービスも内容が充実しているので、選ぶのも観るのも全て家で完結させることができます。

まずは映画鑑賞などから気軽な感じではじめて、夫婦の趣味を探してはいかがでしょうか。

▶︎夫婦におすすめの映画はこちら

夫に寂しいことを伝えてみよう

「夫が休日もいなくて寂しい」→「寂しいことを気づかせればいい!!

そんなときは、まず夫に寂しいことを正直に伝えてみましょう。

しかし、感情的にはなく、冷静にさりげなく伝える方が効果的です。

夫
来週から出張だから。
妻
了解!…でも寂しいね。

と、そっと付け足して伝えてみましょう。

察しのいい夫であれば、それだけで変わってくれるものです。

埋め合わせをしようとしてくれたら大成功ですね。

しかし、この方法は何度もやると逆効果になります。

男性は、話をするときも聞くときも解決を求めようとしますし、相手も同じ様に解決を求めていると思っています。

そして、問題に対しての「原因」と「責任の所在」をはっきりさせようとするのです。

夫
妻が寂しいらしい

↓「原因は?」

夫
自分のせいなのか…

そして、自分が責められていると感じてしまい、妻との時間がむしろ居心地悪く感じてしまうことがあります。

そんなことにならないためにも、やりすぎには注意しましょう。

小さなスキンシップを大切にする

「夫から愛を感じなくて寂しい」→「愛情の確認方法を変えればいい!!

そんなとき、お互いの愛情を確認するには、小さなスキンシップを大事にすることが大切です。

ちょっと近くのスーパーまで行くとき、手を繋いで歩いていますか?

一緒にテレビを観ているとき、体のどこかが触れていますか?

日常的に小さなスキンシップを行い、お互いの愛情を感じられるようになりましょう。

▶︎夫婦円満の秘訣はこちら

頑張りすぎはNG!適度にストレス発散を!

なんとか寂しさから逃れたいという気持ちは大切ですが、頑張りすぎはNGです!

適度にストレス発散をしながら、ゆっくりと時間をかけて解決していきましょう。

ストレスは逃げて発散する

たまったストレスを発散するのはもちろん大切。しかし、そもそもストレスをためないよう逃げることも重要です!

ストレスから逃げるためには、意識してひとりの時間を作るのがおすすめ!趣味に没頭したり、何もせずボーっとしてみたり、現実を一瞬でも忘れられれば、意外と冷静に戻れますよ!

ストレスをためないように逃げながら、それでもたまったストレスをこまめに発散していきましょう!

▼ストレス発散方法についてもっと知りたい方はこちら

【家で簡単】主婦のストレス発散法ランキング!ひとり時間の上手な活用方法夫婦として生活をしていると、様々な壁にあたり、ストレスを抱えてしまう奥さまも少なくありません。でも、イライラしたまま過ごしたくないですよね。そこでこの記事では、多くの奥さまが取り入れているストレス発散方法を厳選し、ランキング形式で紹介します!この記事を読めば、自分にあったストレスの発散方法が見つかり、心穏やかな日々を取り戻すことができますよ!...

特におすすめは「ちょっといいシャンプーを使ってみる」こと

ひとりの時間を上手に使ってストレスを発散させている方も多いですが、お風呂に入って気分をスッキリできる方や、美容院でヘアケアすると気分転換になる方も多いのではないでしょうか。

しかし、毎日忙しく、なかなかゆっくりと時間を作れないことも多いですよね。そんなときは、「シャンプーだけでもちょっといいものを使う!」という手もあります。

特におすすめなのが、さまざまな成分が配合されたクリームシャンプー。癒しの香りでリフレッシュタイムが充実しますし、時短ケアができて忙しいあなたの強い見方になります。

中でも「Kiccaクリームシャンプー」は一本で6役こなしてくれるので、疲れてる日には重宝します。

送料無料!初回限定66%オフ!


仕上がりの美髪を想像してみてください。クリームシャンプーで魅力を引き出されたあなたに、夫も思わず見惚れてしまうかもしれませんよ!

初回限定66%オフ!
【送料無料】Kicca公式サイトで詳細を見る

▶︎クリームシャンプーについてもっと知りたい方はこちら

寂しさを愛情に変えて理想の夫婦になろう

多くの妻が寂しさと戦い、中にはその寂しさに負けて不倫に走ってしまうこともしばしば。

しかし、そんな寂しさを乗り越えることも夫婦にとっては必要なことです。今回紹介した解決方法で、上手に寂しい今を乗り越えられますよ!

また、ストレス発散も大事な作業です。自分にあったリフレッシュ方法を見つけ、すっきりした気持ちで解決に向かいましょう!

▶︎無料でできる運動をチェック!

ABOUT ME
DDK
夫婦問題を扱うWEBライターであり、夫婦のお悩み解決サイト「良夫婦は作るもの」の運営者。